topimage

2017-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

足長おじ様誰ですか?? - 2011.06.21 Tue

今日の朝、いつもどおり出勤して、いつもどおりオープンの準備をしていたら
店長がお店の前にあるビオトープ(人工の池のことですw)を見ながら
「メダカが白くなってる!!」って言うもんだから、

「またまた~。そんなバナナ~(古い)」と思いながら見てみたら

・・・本当に白いメダカがいたーーーーΣ(゚Д゚)ノ!!!

白メダカ2


なんじゃこりゃぁぁぁ(松田優作風に)!!!

え?昨日の夜にはいなかったよね??
うちの池にいるの黒メダカだから白くないよね!?
あれ?いつやってきたのこの子達・・・

しかも、ひーふーみー・・・10匹近くいるんですけどーーーΣ(゚Д゚)ノ

白メダカ


どどどどどどどこからやってきたの、キミタチ!!
あれか!?昨日雨だったし天から降ってきたとか!?

いやいやいやいや、ないないない。
それはない。

他の社員さんも知らない様子。
こ、れ、は・・・足長おじさん的なやつですか(´・ω・)??

元々いた黒メダカちゃんともなんだか仲良しな様子で一緒に楽しそうに泳いでおります!!
どなたかわかれば、ぜひ御礼がしたいのです!!
このブログ見てらしたらぜひご連絡を(・∀・)
スポンサーサイト

皆様に御礼とご報告 - 2011.04.16 Sat

以前このブログでもお知らせさせていただいた

『被災地の子ども達に本を贈ろう』
の活動のご報告と、ご協力くださった方々へこの場を借りて心より御礼申し上げます。


以下はmutsu cafe様からいただいたメールをそのままコピペさせていただいたものです☆


【絵本募集結果】
絵本募集目標100冊に際し、1,000冊以上のご協力がありました。本当にありがとうございました。絵本義援金もお申し出頂きありがとうございました。


【現地お届け・被災地状況等】
4/8(土)~4/10(日)まで大船渡に主人がボランティアとして行って来ました。石巻入り予定でしたが、急遽行き先変更になり、大船渡に行きました。テレビで見るよりも、もっと過酷な現実だったそうです。

□大船渡の社協に直接手渡し 到着手渡し土曜日、ちょうど日曜日に子供対象のイベントがあるので、配布させていただきますとのお返事を頂きました。到着受け渡し翌日に、子供達の手に渡る機会があった事が何より良かったです。

□絵本は予定100冊の所1000冊以上頂きましたので、全てを持参することは物理的に無理でしたが、ぎりぎりまで積み込んでの現地入りだったそうです。

□主人から子供担当の大船渡の子供担当の方に、絵本の件を連絡。現在は非常事態をまだ抜け出せてない状況。まず生活全般整える事が優先になっている。子供に絵本が必要なのは十分わかっているけれど、現地点でそこまで手が全く回らないのが現状。落ち着いて本が必要になった時は連絡させてもらいます。ただしばらくは連絡できないと思います。とのお話でした。先方担当の方に、当方連絡先をお渡ししました。___



以上の事から

■現地点で社協 、学校が受けいれ可能の状況でない。

■絵本は喜ばれる部分もあるので、今後状況に応じて少しづつの絵本お届けは主人の被災地行きに合わせて数箱づつだけでも対応していこうかと検討中です。

■現在集まっている絵本で受取を一時終了させていただこうと思います。現地の方から再度依頼があった時、お声かけさせていただきたいと考えております。

■合わせて、絵本以外おもちゃ等提供のご提案頂きました件も、一旦中止とさせて頂きたいと思います。

■絵本義援金の活動は継続させて頂きます。 (有)大興印刷「絵本を被災地に贈ろう義援金係」

■絵本義援金は小学校の図書再建の時等、その時一番いい方法にて送らせて頂く予定です。最終金額、義援金譲渡先などご報告させて頂きます。



絵本もおもちゃも、子供達には本当に喜ばれる物なんですが、受け入れる体制が全く整っていない状態でした。
阪神大震災全壊経験の主人からすると、震災一ヵ月後は行方不明者も殆どおらず、瓦礫撤去も進んでいる状態だったのが、今回の震災では全く何も進んでいない状態。新聞テレビで知っていたものの、実際主人の目で現実を見ると衝撃的だったそうです。
被災地は人が全くおらず、カラスも鳴かない、犬も猫もいない。音のない世界。ボランティアだけがたまにいるような状況。強い臭いが漂う。という状況だったそうです。

皆さんから頂いた絵本全てを現地に持っていけなかったのは、大変申し訳ない気持ちで一杯です。
一冊一冊大事にされてこられただろう絵本などをご協力頂き本当に有難うございました。
皆様のお気持ちに涙が出そうな程です。しかし、現地の方々のご負担になってしまっては、反対にご迷惑になってしまう、絵本よりもライフラインを先にという過酷な現状で頑張っておられます。
申し出てくださった絵本や他の物のご提供のお気持ち、本当に有難うございました!大変申し訳ないのですが、一旦中止のご理解頂ければ大変嬉しく思います。
又数ヵ月後でも要請があれば、すぐに絵本が送れるよう準備はしていくつもりです。

詳細写真などは下記HPにて掲載しております。http://mutsucafe.jugem.jp/?cid=17

本当に今回はご理解とご協力の程ありがとうございました。
皆様のお気持ちに心より感謝申し上げます。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。本当に有難うございました。

mutsu cafe 岡崎睦美

被災地の子供達に本を贈ろう - 2011.04.03 Sun

只今octa.では

東北関東大震災

『被災地の子供達にを贈ろう』


を応援しております!!


阪神淡路大震災より甚大な被害は想像を絶します。
1冊でも多く子供たちに本を贈り、元気を取り戻してほしいです。
また『みんなが全力で応援しています
というメッセージを発信し続けることが大切だと思います。
【有限会社 大興印刷  〒663-8233 西宮市津門川町5-7
                TEL:0798-35-2235
               E-mail:taiko@mvd.biglobe.ne.jp
               担当:岡崎睦美】



このたび、自家製天然酵母パン mutsu cafe さまよりこのお話をいただき、
ぜひocta.も先の震災で被災された方々に少しでも何かご協力できればと思い
このブログでもご紹介させていただきます。

絵本回収先として、octa.もしくはmutsu cafeさま、西宮近辺の方は(有)大興印刷にて受取をさせていただきます。
直接ご来店いただけない方はocta.までご郵送していただいても大丈夫です☆(※恐れ入りますが、ご郵送の場合は送料をご負担くださいませ。)


期限も設けておりません。
少しでも多くの子ども達に本がいきわたるまでocta.はご支援させていただく所存です!

本はもちろん新品でなくてOKです!
お家で眠っている絵本・児童本などありましたらお譲りください!


お問い合わせはメール(octa.yagiken@hotmail.co.jp)またはお電話でも承っております♪


7B40E754.jpg

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

octa.ホーム

Author:octa.ホーム
。お店所在地
兵庫県芦屋市浜風町3-12
。TEL
0797-35-0733

。ぬくもりのある生活雑貨と、作家さんの手づくり作品を中心に販売しています。 店舗と併設して、お家のショールームやキッズルームもあるよ♪

お問い合わせ、ご予約

octa.へ各種お問い合わせやイベントのご予約について...

octa.(オクタ)
TEL:0797-35-0733
メール:octa.yagiken@hotmail.co.jp

までお気軽にご連絡下さい♪

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

octa. (26)
新商品情報 (21)
イベント情報 (70)
スタッフの日常 (31)
その他 (3)
未分類 (73)
オススメ商品 (22)
ニットカフェ (2)
英会話 (1)

rain shininig

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。